埼玉の歯周病専門医|むさしの歯科(歯ぐきの出血・歯ぎしり・知覚過敏・口臭・その他)

看板
地図はこちら

大きな地図で見る

予防歯科処置

予防歯科処置

最近、もよく耳にする「歯の予防」ですが、この考え方が歯科の世界に普及してきたのはそんな昔のことではありません。
 では、「歯の予防」って何?と尋ねられれば、一口で言えば「プラークコントロール」です。「むし歯や歯周病などあらゆる 口腔疾患に最も有効なのは、プラークコントロール(歯垢除去)である」と証明されています。  また、プラークコントロールは「歯の健康を保つ」ための唯一の方法であるだけでなく、治療して再び取り戻した「治療後の歯の健康を保つ」方法でもあるのです。
 つまり、一度完全に治療しても、定期健診を続けて再発や新たな病気を予防しなければ、本当の治療と言えません。当院では患者さんにその重要性を理解していただき、QOL(Quality of Life 生活の質)の向上に役立てていただくことも、歯科医院の大切な役割と考えております。


▲ このページの先頭へ戻る

プラークコントロールのプロ「歯科衛生士」


▲ このページの先頭へ戻る

ホームケアにおける効果的な歯磨きとは

それでは、どのように歯磨きを行ったらいいのでしょうか?歯磨きにはいくつかポイントがあります。

プラークが残りやすい所を重点的に磨く

プラークが残りやすい場所は、
①奥歯の咬む面の溝(咬合面)、②歯と歯肉の境目(歯頚部)、③歯と歯の間(歯間部)です。

  

それぞれに適した道具を選ぶ

おおまかに言って、歯ブラシは咬合面や歯頚部、フロスや歯間ブラシは歯間部を磨くのに適しています。歯並びが悪かったり、歯肉が大きく下がったりして磨きにくい場合にはタフトブラシ(小さな歯ブラシ)を使う場合もあります

歯ブラシは出来るだけ小さなもので、出来るだけ力を抜いて磨く

柔らかい歯ブラシでできるだけ軽圧で磨けば、歯や歯肉を痛めることは少なくなります。特に、重度の歯周病の場合には、腫れている歯肉に歯ブラシが触れただけでも痛い場合がありますので注意が必要です

上から、普通の大人用(青)、子供用(緑、当院ではほとんどの大人の方に勧めています)、タフト(赤)、 ウルトラソフト(白)

歯ブラシで少しずつ(できれば一本ずつ)磨く

歯ブラシは大きく動かすと、凹んだ細かい部分には入ってくれません。歯の幅は概ね10mm前後ですので、だいたい歯一本分のストロークで磨くとより細かい部分まで届きます。横磨きだけでなく縦磨きを組み合わせるとより効果的です。

 

歯間ブラシやフロスを使う

歯間部は歯ブラシだけで磨くのは困難です。歯周病は歯間部から始まることが多いので、これらが特に効果的です。  フロスは歯と歯の接している所(コンタクト)を磨くのに適していますので、むし歯や初期の歯周病の予防に適しています。

 

歯間ブラシは、ある程度大きな歯間部を磨くのに適していますので、歯周病治療や予防に効果的です。

 

▲ このページの先頭へ戻る

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning、プロフェッショナルケア)とは

歯の形は非常に複雑で、ご自身では見えない、そして歯ブラシなどが届かない部分がたくさんあります。どんなにブラッシングが上手な人でさえ、磨けない部分があり、我々プロでさえ、自分で自分の口のブラッシングは完璧には行えません。そうした部分はプロに任せることも必要です。
 PMTCとは「プロによる歯のクリーニング」と言えます。
長い間磨けずにたまってしまった細菌たちはバイオフィルムを形成し、古いプラーク(歯垢)の熟成が進んでいくと病原性が強くなっていきます。PMTCではこれを専用のブラシやゴムのチップ、ペーストなどを使って丁寧に取り除いていきます。そして最後に予防のためのペーストを塗りこみます。


▲ このページの先頭へ戻る

PMTCを行う時期


▲ このページの先頭へ戻る

PMTCの効果


▲ このページの先頭へ戻る

PMTCの実際

症例 1 (PMTCの治療例:50代男性)
症例 2 (PMTCの治療例:30代男性)


▲ このページの先頭へ戻る