埼玉の歯周病専門医|むさしの歯科(歯ぐきの出血・歯ぎしり・知覚過敏・口臭・その他)

看板
地図はこちら

大きな地図で見る

What's 歯周病

歯周病とは?

歯周病は30代で80%以上の方がかかる生活習慣病であり、中高年の歯を失う最大の原因です。
原因は誰のお口の中にもいる細菌で、誰でも歯周病にかかる可能性があります。さらに最近では、歯周病は糖尿病や心臓病などの全身の病気に影響することがわかってきました。(歯周病と全身の病気)
しかし、歯周病の初期にはほとんど無症状で、むし歯と違って痛みを感じることは少なく、患者さん自身の自覚症状が現れてきたときにはかなり進行している事が多いのが現状です。冒頭で「歯周病は30代で80%以上」かかっていると書きましたが、10代から発症している場合もあり、食生活、生活環境の変化によって今後ますます低年齢化していく可能性もあります。

歯周病治療の流れ


▲ このページの先頭へ戻る

歯周病の症状


▲ このページの先頭へ戻る

歯周病の原因

歯周病とは、一口に言えば、細菌が作る毒素よって歯の周りの骨が溶けていく病です。
歯周病の最大の原因は、お口の中の細菌が作る歯垢(プラーク)です。細菌がひき起こす病気ということは、歯周病は感染症ということです。歯周病を引き起こす細菌はまだ完全には特定されていませんが、複数の細菌の共同作業によって引き起こされることは間違いなさそうです。人の体には無数の細菌が微妙なバランスをとって存在しています。
この細菌たちが歯の表面にバイオフィルムという共同体を作り、いろいろな毒素を出すと、歯肉に炎症を起こします。
そして最初は歯肉の表面にしかなかった炎症が、徐々に奥へ広がり、歯を支える骨を溶かしていきます。
これが歯周病です。

歯周病原因菌はほとんどの人のお口の中に存在すると言われています。
つまり、誰でも歯周病にかかる可能性があります。
むし歯の原因菌も同じく誰のお口の中にもいますが、両者の性格は大きく異なります。
むし歯菌は食事に含まれる糖質を主な原料としてそこから酸を作って歯を溶かしていきます。
これは飲食後30分~1時間程度がもっともリスクが高いので、飲食によって補給された原因物質を歯磨きなどによって速やかに除去することで予防できます。

これに対して、健康な歯肉(正確には、歯肉に面する歯の表面)にプラークが付着して数日もすると、歯肉の炎症が起きて腫れ始めます。
歯肉が腫れると、歯と歯肉の間の溝、すなわち歯周ポケットが深くなり、よりプラークは除去しにくくなります。
歯周病菌が歯を支える骨を溶かし始めるまでには年単位の時間が必要と言われていますが、歯肉の腫れが続いて古いプラークの熟成が進んでいくと病原性が強くなっていきます。逆に言えば、時間がかかって歯周病が進んでいくわけですから、一日一回でもきちんと磨けば歯周病にはかからないことになります。

しかし、複雑な形の歯の隅々まできれいに磨くのは大変な難しく、手間ひまがかかります。
もちろん人それぞれの抵抗力には個人差があり、歯周病の進行スピードにも個人差がありますので、10代で重症になっている方もいれば、80代でごく軽度の方も経験します。


▲ このページの先頭へ戻る

歯周病治療の考え方

病気に限らずなんにでも当てはまると思いますが、早期発見・早期治療(対処)が問題をより短期間で簡単に処理できるポイントだと思います。
歯周病は、放置してしまうと歯が抜けてしまう恐ろしい病気ですが、治療や予防は可能な病気です。
たとえ歯周病にかかったとしても、ほとんどの場合、ブラッシングや定期健診などの患者さん努力と、適切な治療によって治すことができます。

歯周病の治療には大きく二つの柱があります。一つは、細菌の数を減らして炎症をなくす「炎症のコントロール」、もう一つはかみ合わせによる歯への過剰な力を抑制する「かみ合わせのコントロール」です。

「炎症のコントロール」に一番重要なのは、患者さん自身に行っていただくブラッシングです。
その他、ブラッシングの障害となる歯石や不良な補綴物(冠など)を除去したり、むし歯や歯並びを治療したりします。
つまり、歯科医師の行う「炎症のコントロール」とは、ブラッシングをしやすい環境づくりと言えます。
歯周病は糖尿病などと同じ生活習慣病であるため、患者さん自身の努力が必要不可欠であり、歯科医師の努力だけでは治療する事が出来ません。歯周病治療の最大のポイントは患者さん自身に行っていただく歯磨きであり、ブラッシングによる日常のセルフケアなくして歯周病治療の成功はあり得ません。

「かみ合わせのコントロール」は歯科医師の技量に大きく左右されます。
ゆっくり咬んでみればわかると思いますが、ほとんどの人が上下の歯ががっちり咬み締める位置に来る前に、どこかの歯が最初に触れ合うと思います。つまり、すべての歯が均等には咬んでいないためにそれぞれの歯にかかる力が不均一になり、中には特定の歯に過剰な力がかかってしまうことがあります。また、どこかの歯がなくなってしまったり、多くの歯に冠が入っていたり、歯並びが悪い場合にはその可能性がより高くなります。
さらに最近注目されているのが歯ぎしりです。一般的には歯ぎしりは歯をすり合わせるような動きと思われていると思いますが、食いしばったり、歯を必要以上にカチカチ咬んだりするのも含まれます。このような動作は歯に対して過剰な力がかかるので、歯にとって良くないことと考えられています。特に、寝ている間の歯ぎしりは、無意識下なので力の強さや歯ぎしりの時間がコントロールできず、歯にとってかなりのストレスになります。(歯ぎしりの項参照
このような歯に対する過剰な力をコントロールして、できるだけすべての歯に適切な咬む力がかかるように治療していきます。

このように患者さんと歯科医師、歯科衛生士などのスタッフがそれぞれの役割を十分果たして最適な治療を行えば、歯周病は十分治療可能です。


▲ このページの先頭へ戻る

歯磨き(ブラッシング)について

歯周病は細菌感染症であり、その元凶はバイオフィルムという細菌の共同体であることはお話しました。
この細菌を自分できれいに歯ブラシで除去できれば歯周病にはかからないはずです。
最近の国のある調査で、日本人のほとんど人が一日一回以上歯磨きをしているというデータがあります。
しかし、別のデータではむし歯は減ってきているが、かなりの人が歯周病にかかっているというデータがあります。
これは何を意味しているのでしょうか?
これは、ほとんどの人が「歯磨きをすれば歯周病は防げる」ことは知っていて実践しているが、実際には正しく磨けていないために「効果的な歯磨きができていない」ということを示していると考えられます。

それでは、「効果的な歯磨き」を実践するためにはどうすればいいのでしょうか?「効果的な歯磨き」をするために効果的なのは、まず人に見てもらうことです。我々歯科医院のスタッフも常日頃から感じていますが、人の口の中を見るのは容易ですが、自分の口の中を見るのは我々でも大変です。ですから、歯科医院に行って歯磨きのチェックをしてもらうのは、最も手軽に誰でも実践できる方法だと思います。

適切なブラッシング方法は人によってお口の状態が異なるため、一人一人違うと言っても過言ではありません。
歯や歯肉の形は大変複雑で、治療によって人工物が装着されたり、歯肉が下がって露出した歯の面積が大きくなったりするとますます複雑になっていきます。

そこで重要なのは、ブラッシングの専門家といえる歯科衛生士です。彼女ら(男性の歯科衛生士も極少数ですが存在します)は2~3年専門学校で勉強した後、国家試験で認定されたブラッシングのプロといえます。歯科衛生士の在籍する歯科医院では、ブラッシングのチェックは歯科衛生士が中心に行っていると思います。

ブラッシングは歯ブラシでするもの、と思っている方も多いと思いますが、複雑で狭いお口の中では歯ブラシだけでは十分ではありません。大雑把に言えば、歯ブラシは歯の表と裏を磨くのに適していますが、歯と歯の間、つまり歯の側面を歯ブラシだけで磨くのは容易ではありません。歯と歯の間は磨きにくいので、歯周病はここから始まることが多いのですが、逆に言えば、ここが磨けてさえいれば歯周病の多くは防げることになります。
歯の側面の清掃には、歯間ブラシまたはデンタルフロス(糸ようじ)が適しています。
しかし、非常に手間ひまがかかりますので、歯科医院で指導してもらうことをお勧めします。


▲ このページの先頭へ戻る